1: しじみ ◆fbtBqopam767 しじみ ★ 2020/03/24(火) 13:19:37.59 ID:CAP_USER



長野県上田市の川の底から、約1300万年前のものとみられるクジラの全身骨格の化石が見つかったと、同市教育委員会が23日に発表した。体長約8メートルのアカボウクジラ科の成長したオスと推定される。クジラの全身化石は県内2例目で、全国でも珍しいという。同市教委はクジラの進化を解き明かすうえで重要な発見としている。いずれ一般公開する予定だ。


FullSizeRender

化石が見つかったのは同市築地(ついじ)の浦野川。昨年5月に上田染谷丘高校の地学教諭・鈴木秀史さん(55)が河床に露出したクジラの骨格化石を見つけ、市教委に連絡。渇水期に入った今年2月から発掘調査を続けてきた。


FullSizeRender

化石は背中を上にした状態で、下あご、頭、首、胸、腰、尾の順に骨格がほぼ完全な形で残っていた。上あごは川の流れに浸食されたらしく、残っていない。市教委は、下あごの先端に円錐(えんすい)形の牙(長さ19・5センチ)がある特徴などから、アカボウクジラ科の成長したオスと推定した。


FullSizeRender

https://www.asahi.com/articles/ASN3R71Z4N3RUOOB012.html

【関連記事】
クジラ巨大化の定説くつがえす 史上最長26メートルのクジラ化石が発見される

http://doubutsunet.com/archives/16950197.html

IMG_8413

続きを読む

▶続きはこちら