1: すらいむ ★ 2019/09/11(水) 11:21:22.93 ID:2VjpaKNJ9

デンキウナギ、実は3種 860V放電で「最強」の種も

長年、1種だと考えられてきた南米でアマゾン川などの流域にすむデンキウナギは実は3種いた、との研究成果を、米国やブラジルなどの研究チームが11日、科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに報告した。


IMG_4239

3種はほぼ地域別に分布しており、チームはアマゾン川周辺の地殻変動に伴い各地域の川の環境が変化し、それに応じた種の多様化が進んだと考えている。


デンキウナギは体長が最大で2・5メートルに達する淡水魚。

体形はウナギに似るが全く別の仲間だ。

体内に発電器官を持ち、強力な電気で他の魚などをしびれさせて獲物にする。

これまではエレクトロフォラス・エレクトリクスという学名の1種だけとされてきた。


(以下略、続きはソースでご確認下さい)

朝日新聞デジタル 2019年9月11日 10時23分
https://news.livedoor.com/article/detail/17064632/

【関連記事】
「深海のペリカン」フクロウナギの貴重映像

http://doubutsunet.com/archives/12386855.html

FullSizeRender

続きを読む

▶続きはこちら