tn
image credit:ABC7NY/facebook

ニューヨーク、ブロンクス地区のキングズブリッジに、「イスマエルのグルメ・デリ」という、家族経営の小さな食料品店がある。

店のオーナーであるイスマエル・ディアスさんと妻のスージー・ペーナさんはルナという名の子猫を飼っていた。

ルナは店の看板猫であり、売り上げに貢献していた。店の前を通り過ぎる人々は、ルナをよく見ようと店に入ってきて、ついでに何かしら買い求めていくのだ。

そしてまた、ルナにはもっと大切な役目があった。夫妻の10歳になる息子、ジョナサンくんは自閉症を持っている。ルナはジョナサンくんの心の支えであり、かけがえのない友達なのだ。

ところがある日、ルナが忽然と姿を消してしまったのである。ジョナサンくんの困惑と悲しみは大変なものであった。
続きを読む

店の看板猫で自閉症の少年の心の支えだった愛猫が盗まれる。その後犯人は猫を返しに来て謝罪する(アメリカ)のページに行く◀

↑※このリンクの飛び先の同じ記事名、画像を探してね

※下の方によくあります※